脱毛エステと医療脱毛の違い

エステサロンと医療機関のどちらで脱毛したら良いか迷っている方がいますが、それぞれに特徴があります。
医療機関で脱毛処理をすれば、医療技術により的確に処理し、肌トラブルなど不測の事態が起きた場合もすぐに対処してもらえるので、安全性が高いですし、医療機関のみで使用できるレーザー脱毛などで、確実に永久脱毛を行えます。

ただ、エステサロンの脱毛施術と比較すると、痛みを感じることも多く、リラックスして脱毛処理を受けられないという方も多いです。
特にVライン、Iライン、Oラインなどのデリケートゾーンの脱毛では、恥かしさや緊張感を和らげるためにリラックス効果が必要になります。
また、医療脱毛の料金が高額になりがちというデメリットもあります。

エステサロンの脱毛の主流であるフラッシュ脱毛は、レーザー脱毛よりとても安く、利用しやすい料金になっています。
現在は、レーザー機器に対する法律がより厳しくなっていることから、サロンで脱毛を行った場合のリスクもかなり低くなっています。

脱毛は部位によって施術期間が異なりますが、1~2年間サロンに通うことでムダ毛は殆んど目立たなくなります。
根気よく脱毛サロンに通うためにリラックス効果があることは大きいと思います。

 

エステで永久脱毛はできる?

脱毛エステについてよく言われることは、クリニックなど医療機関でないと永久脱毛できないということです。
法律上、脱毛サロンでは「永久脱毛」の表記を使用することはできないので、広告には記載されていませんが、脱毛エステでの永久脱毛も可能です。

医療機関で使用されるレーザーを使用できないため、レーザーの出力を弱くしたフラッシュ脱毛が多く使われており、皮膚に光を当てて毛根を熱処理します。
完全に毛根を処理した毛穴から毛が生えてくることはありません。

ただ、針脱毛のように毛穴のひとつひとつを処理するのではなく、広い範囲に光を照射しますので、全ての毛穴の毛根を完全に処理することが難しいため、何回か光の照射を繰り返す必要があります。
もし、毛根が完全に処理されずに、再び生えてきたとしても、もと通りに生えるのではなく、細い毛がわずかに生える程度です。

脱毛エステで処理できる部位は、ワキの他に腕、脚、Vライン、Iライン、Oラインなどのデリケートゾーン、胸、腹、背中、顔、手足の甲・指など、身体の殆んどの部位が脱毛可能です。
部位により、毛の量や太さが違い、サロンに通う回数も変わります。
脚や腕は比較的回数が少なく、ワキやビキニラインは5~6回通う必要があります。